shinwa01line02

まだ世界が、泥の塊が漂う暗い海だけだった、むかしむかし。
神様たちは、イザナギノミコトとイザナミノミコトに下界を作るように命じました。
二人は天の浮桟橋から天の鉾で、下界の海を掻き回し、その滴で島を作りました。
そして、次々に下界を守る神々を誕生させたのでした。
最後にイザナミが、火の神を産んだ時、火傷をおって死んでしまいました。
イザナギは、黄泉の国までイザナミを連れ戻しに行きますが、失敗してしまいます。
一人、黄泉の国から帰ったイザナギが清めのために体を洗った時に最も尊い三柱神が生まれました。
左の目を洗った時にアマテラスオオミカミが、右の目を洗った時にツクヨミノミコトが、そして、鼻を洗った時にスサノオノミコトが誕生したのです。

line02

イザナギノミコトは、アマテラスオオミカミに天全体を、ツクヨミノミコトに夜の国を、そしてスサノオノミコトには海原の国を、それぞれ治めるように命じました。
ところがスサノオは、亡き母神イザナミのことを思って、悲しみ泣いてばかりいたので、海は乱れ、災いがはびこりました。
怒ったイザナギは、スサノオを海原の国から追放しました。
スサノオは、母の面影を求めて、姉のアマテラスが住む高天原へと身を寄せます。
しかし、ここでも姉の気を引こうとするあまり、悪気もないままに数々の事件を引き起こします。
とうとう心から慕っていたアマテラスオオミカミや、高天原の八百万の神様たちをも怒らせてします。
こうしてスサノオは、高天原からも追放されてしまいました。

line02

スサノオは、孤独と絶望の中で出雲国の肥の河の河上に降りたちました。
やがて、荒野をさまよい歩くうちに、美しい川のほとりに出ました。
水面に目をやると、一本の箸が流れてきます。
スサノオはそれを拾い上げると、箸に導かれるように、川上へと歩き出しました。
どんどん進んで行くと、小さなお社が現れました。
中を覗くと、老夫婦が若くて美しい姫を抱いて、さめざめと泣いています。
大きなスサノオに気づいた三人は、いっそう身を固くして震え始めました。
スサノオは微笑むと拾った箸を差し出しました。
それを見た老人の顔がゆっくりとほころびました。
「姫の箸が返ってきましたぞ」スサノオが泣いていた理由を尋ねると老人は涙をぬぐって、話し始めました。
「これも箸が渡してくれたなにかのご縁。すっかりお話しいたしましょう」

line02

「私共は、この地の神オオヤマツミに仕えるアシナヅチと妻のテナヅチ、そして娘のクシナダヒメでございます。我が一族は、代々村を災いから守って参りました。ところが七年前よりヤマタノオロチが暴れ出しました。私共には八人の娘がおりましたが、ヤマタノオロチの怒りを鎮めるために、毎年一人ずつ生け贄にさし出し、とうとう今年は最後の一人となりました。今は、抱き合って嘆き悲しむことしかできません」
アシナヅチが溜息をついたその時、燈明の光が揺らめいて、闇の中の姫を照らしだしました。
その美しいことといったら、これまで見て来たどんな陽射しよりも輝いてどんな夕陽よりも切なげでどんな月光よりも神々しくどんな星影よりも凛としていました。
真っ暗だったスサノオの心に、初めて温かな燈明が灯りました。

line02

「ヤマタノオロチとは、一体どんな生き物なのだ?」
スサノオが尋ねると、
「その目は、ホオヅキの実の様に真っ赤に輝き、ひとつのからだに頭と尾が八つずつある大蛇です。
その大きいことと言ったら。背中には、コケや樹木が生い茂り、長さは八つの谷と山をまたぐほどです。その上、体は食い荒らした人や獣の血で汚れていて、ものすごい悪臭を撒き散らす、この世のものとは思えないほど、恐ろしい怪物です」
 とアシナヅチが答えました。
「そんな化け物に大切な娘たちが無残にもひとのみに呑まれてしまったのです。親として何もしてやれなかったことがただ、悔しくて。ただ、哀しくて…」
テナヅチがそう言うと、三人は再び手を取り合ってさめざめと泣き始めました。

line02

その話を聞いたスサノオは、テナヅチとアシナヅチの前に進み出て膝を折りました。
「私がヤマタノオロチを退治して、姫をお守りしましょう。もしそれが叶ったのなら、どうかクシナダヒメを私にください」
スサノオの突然の申し出にテナヅチは驚きましたが、あまりにも礼儀正しい申し入れに、心が動きました。
「失礼ですが、貴方様はどういったお方でしょうか?」
「私はイザナギノミコトの三柱神のひとり、スサノオノミコトです。姉はあのアマテラスオオミカミです」
「なんとも尊い神様ではありませんか。箸が御縁とはいえ、言葉にもならぬほどありがたいお話です。憎きヤマタノオロチを退治したあかつきには、貴方様に晴れて娘を差し上げましょう」
クシナダヒメも、嬉しそうに恥ずかしそうに頷きます。
こうして初めて、両親の了解を得た、婚姻の形が出来上がったのでした。

line02

晴れてクシナダヒメと婚約したスサノオノミコトは、ヤマタノオロチ襲来に備え始めました。
まず、村人たちを先導して、杉の大木が生い茂る佐久佐女の森の周りに、幾重にも張り巡らした
高い垣を作らせました。その最も安全な垣の中央の奥の院に、お社を建立し、その奥の院にクシナダヒメたちを住まわせました。
その垣は、八重になっていたので、人々はそこを『八重垣』と呼びました。
八重垣の中央には、滾々と清水のわき出る小さな泉がありました。
クシナダヒメが朝な夕なにその身を映し、神託を受け取たことで、その泉は神聖な場所になりました。
この清らかな泉は、姿形を映すだけではなく、心のあり様を映す姿鏡でもあったのです。
こうして、奥の院の神秘の泉は『鏡の池』と呼ばれるようになりました。

line02

次にスサノオノミコトは、村人たちにお酒作りを命じました。
ヤマタノオロチが、酒好きだと聞き、強いお酒で酔わせてしまおうと考えたのです。一度作ったお酒に
なおも米や麹、水などを加え、また発酵させて絞り込みます。これを八回も繰り返し、とうとう人ならば
一口飲んだら昇天するほどの強い「八塩折の酒」が完成しました。
次に、スサノオは、いけにえの祭壇を取り囲むように八つの垣を作らせました。
八つの垣の前には八つのやぐらを組んで、やぐらの上に大きな大きな酒瓶を置きました。
そして、八つの瓶には八塩折の酒をなみなみと注ぎました。

line02

いよいよ、ヤマタノオロチとの決戦の日。
すべての準備を終えたスサノオノミコトは、クシナダヒメの住む奥の院のお社を訪れました。
クシナダヒメは、スサノオを鏡の池のほとりに誘いました。
鏡の池は、今までにないほど澄みわたり、水面には一片のさざ波も立ちません。
そこに映った寄り添う二人の姿は、あまりにも美しくあまりにも鮮やかだったので、鏡の池はしばらくの間
水面にその姿を貼りつけたままにしたほどでした。
水面に残った二人の姿は、その後二本の杉の大木に姿を変えて、今でも水面に映り続けているのです。

line02

鏡の池に映ったスサノオがあまりにも凛々しく、心に一片の曇りもないことを知って、クシナダヒメは、スサノオの武運を確信しました。
スサノオは、鏡の池に映ったクシナダヒメがあまりにも美しかったので、絶対に守ってみせると心に誓いました。
クシナダヒメは、髪の毛に挿していた櫛を取ると、スサノオのみずらにそっと差し込みました。
「この櫛を姫だと思って戦います。
必ずヤマタノオロチを倒して、迎えに来ますから、安心して待っていてください」
スサノオはそう言うと、クシナダヒメの着物を借りて、さっそうと出掛けて行きました。

line02

かがり火の中、祭壇には、姫の着物をはおったスサノオが立ちつくしています。
やがて夜も更けた頃、ズルズルと地面を揺らす不気味な音が響き渡り、息もできなくなるような悪臭が立ち込めてきました。
ヤマタノオロチがやってきたのです。
オロチは、祭壇の上の人影を、いけにえの姫だと信じ込んで喉を鳴らして喜びました。
そして、辺りに漂う酒の匂いに狂喜乱舞すると、八つの頭を八つの垣に突っ込んで、やぐらに置かれた瓶の酒を息もつかずにガブガブ飲み始めました。
しばらくすると、オロチはひと首、またひと首と崩れ落ちるように酔いつぶれ、いびきを立てて眠り始めました。
「しめた。今のうちだ」
スサノオは、姫の着物を脱ぎ棄てると、祭壇から飛び降りて、オロチの首をはねていきました。

line02

頭を失ったはずのオロチの八つの尾は、それでもまだ暴れ続けています。
スサノオは、のたうち回る八つの尾も、すべてずたずたに切り落としました。
最後の尾を切り落とした時、カチンと音がして、剣の刃が少し欠けました。
その部分を切り開くと、そこから見たこともないような立派な太刀が現れました。
それは後に天叢雲剣と呼ばれる国の宝物となったたいへんに優れた宝剣でした。
スサノノミコトはしばらく剣に見とれていましたが、すぐに鞘に納めてしまいました。
いつの間にか朝が来ていました。ふと見降ろすと朝焼けの斐伊川は、ヤマタノオロチの血で真っ赤に染まっています。戦いは終わったのです。

line02

スサノオとクシナダヒメは、テナヅチ、アシナヅチや村人たちに祝福されてめでたく結婚しました。
スサノオは、オロチから出てきた宝剣を、高天原のアマテラスオオミカミに献上しました。
神の領域にあるべきものを人が手にすれば、ヤマタノオロチと同じように、争いや災いを撒き散らし、
多くの悲劇を生むに違いないと思ったからです。
今のスサノオにとってかけがえのないものは、クシナダヒメの愛だけだったのです。

八雲たつ 出雲八重垣 妻隠みに 八重垣作る その八重垣を

『多くの雲がわき立つこの豊かな出雲の里に、八重垣を巡らすように、雲が立ち昇っている。
妻を守る為、お社に何重もの垣を作ったけど、この出雲の空は、ちょうどその八重垣を巡らしたようだ。きっと穏やかで争いのない平安な土地になることだろう」
その頃詠んだスサノオノミコトの和歌は、日本最古の和歌となりました。

line02

クシナダヒメは、スサノオとの永遠の愛を誓って、佐久佐女の森に椿の枝を二本、並べて植えました。
不思議なことに、二本の椿は寄り添い、一本の大木へと成長していきました。
その葉も、あたかも二枚の葉が重なり合ったように、葉先が二つに分かれた美しいものになりました。
人々はこれを「連理の玉椿」と呼んで、夫婦の永遠の愛の象徴として大切にするようになりました。
スサノオはと言いますと、母を失ったことで荒ぶれていた心がクシナダヒメの優しい愛に包まれて、すっかりと鎮まったのでしょう。
以後、剣を振り回すことも、暴れ回ることもなくなり、出雲八重垣の地で、クシナダヒメと寄り添いながら出雲の国づくりに力を注ぎ、幸せな日々を送りました。
その姿は、まるで連理の玉椿の姿そのものでした。

さくさ かずまさ 作

line

古事記外伝 〜スサノオ物語

古事記編纂1300年を記念して古事記外伝を出版!
著者の佐草一優(サクサカズマサ)は、スサノオノミコトとクシナダヒメを主祭神とする八重垣神社の2代前の宮司の孫に当たり、幼い頃より、親戚や宮司から古事記にまつわる様々な話を聞かされてきた。今回出版した古事記外伝は、当時聞いた話や佐草家に代々伝わる古文書を元に書き下ろした話題作。

古事記外伝〜スサノオ物語

産みの神としての座を追われ、
高天原からも追放された傷心のスサノオ。
そんなスサノオが、絶世の美女クシナダヒメと巡り合ったことから、
生きる意味と誇りを取り戻していく。
邪悪の化身ヤマタノオロチを倒し、
最愛のクシナダヒメを守り抜いた時、
人々の心にも新たな奇跡が芽生え始めることに…。

八重垣、鏡の池、連理の玉椿、そして新たに八重輝石の秘密が、
次々に明かされていく…
壮大な古代ロマン、ここに完結。

商品の寸法:B6(128.5 X 182mm)
著者:佐草一優
絵:渡邊ちょんと
発行所:神話路プロジェクト
定価:1,400円(税別)

ご購入はこちらから

大好評の古事記外伝が新聞でも紹介されました!!

読売新聞  

山陰中央新報
PAGE TOP