太古よりこの地は、今の佐草十字路から八重垣神社まで八重垣参道と呼ばれる参道となっており、道の両脇には燈籠などが並んでいたと言われています。 八重垣神社宮司の家系に生まれた八重の初代店主は、幼少から耳にしていたその言い伝えを元に、八重垣神社周辺に参道の賑わいと風情を復活させることに、 その晩節を捧げ、1980年、かねてからの想いを込めて、この地に『神話路 八重』を創設しました。それ以来、八重は八重垣神社に参拝に来られる方々の憩いの場として、 更には出雲神話を伝え聞く語り場として、数多くの方々に愛されてまいりました。

若き日は漢文学に精通した文化人として、東京から専門家が教えを請いに来たともいわれる大人物で、 神社でのご奉公のみならず島根県屈指の進学高校の古文教師として教壇にも立っていた初代店主は古文書の解読や神社縁起についての向学にも余念が無く、 神代の時代の古代出雲についても、独自の解釈を加え、それをご来拝の方々に披露しては親しんでいただいておりました。

1997年に、初代店主が亡くなった後は、創設当初から夫を支えてきた妻・完(よし)がその意志を継ぎ、『神話路 八重』二代目店主を務めました。完は夫から聞いてきた伝承を、分かりやすく伝えただけでなく、持ち前の温かいもてなしの心を持って人々をお迎えしました。まるで、帰郷してきた我が子を出迎える『おかあちゃん』のように、あるときは満面の笑顔で、またあるときは共に涙を流し、とりどりの人生模様と共に、結ばれていく奇跡を生み出していきました。

夫亡き後十数年、出逢ったお客様にはもちろん地元の方々にもかわいがって頂きながら店を続けてまいりましたが、2010年1月、まるで咲きながら花を落とす椿さながらに、突然の病により帰らぬ人となりました。

今でも時折、八重を訪れて生前を偲んで下さる方も多く、誠に有難いことだと感謝しております。念願であった八重のリニューアルを見届けることは叶いませんでしたが、皆様に愛していただいたいつもの笑顔で、今も変わらず皆様の良縁をお祈りし続けていることと思います。

front

先々代の『古代の伝承』と、先代の『縁を結ぶもてなしの心』は、多くの皆様の温かいご支援とご協力を頂きながら再び受け継がれ、息子・一優(かずまさ)により、2010年10月、「縁結び八重垣 八重」としてリニューアルの運びとなりました。

ところで改装取り壊しにあたり、旧店舗の屋根裏の片づけをしていたところ、数箇所から古布に包まれた石が発見されました。

古文書に精通していた先々代が、先祖代々伝わってきた古文書を読み解き、八重に様々な仕掛けを施していたことは、うすうす承知していましたが、まさにこの不思議な古布の中からきれいな石霊(いしだま)が現れたのです。屋根裏に置かれていた石霊は全部で八体。古事伝承に詳しかった先々代のことですから、どこからかこの石霊を探し出してきたものとは思いますが、今となってはその詳細も定かではありません。

しかしながら、この小さな店がこれまで永く多くの方々に愛され続けてこれたのも、この不思議な石霊の力によるところも少なからずあろうかと、改築後も祈りを込めてそっと配し奉らせていただいております。

八重垣神社は、近年国内最大級のパワースポットとしてもその名が挙がり、以来さらに多くの方が訪れるようになった場所ですが、この「縁結び八重垣 八重」も神社のパワーの恩恵にあやかり皆様のお役に立てるよう、ご参拝の皆様をこれからも心からおもてなしさせて頂きたいと思い願っております。

PAGE TOP